保湿重視のスキンケア

基礎化粧品

乾燥にいい化粧品

乾燥肌の人は正しい洗顔やスキンケアを心がけることが大切です。肌が乾燥しやすい原因の一つが間違ったスキンケアです。そして水分が最も蒸発しやすいのが、洗顔をするときです。強い洗浄力のある洗顔フォームを使うと、油分や水分がなくなってしまい、乾燥肌になるので注意が必要です。乾燥肌には、肌に優しい手作りの枠練り石鹸がお勧めです。無添加で刺激が少なく、洗浄力が弱いので、水分や油分を守って洗えます。すすぎ洗いをするとは、人肌程度のぬるま湯を使いしっかり泡を洗い流すことが大切です。顔の汚れを取ったあとは、化粧水→美容液→乳液という順番でスキンケアをします。化粧水には、水分が少なくなった肌に潤いを与える効果があります。乾燥肌の人には、保湿成分が多めに入ったしっとり系の化粧水が合っています。コットンではなく手を使ってつけ、最後にハンドプレスをすると、化粧水の保湿成分がなじみやすくなります。化粧水をつけたあとに美容液をつけると、美容成分が吸収されやすくなります。乾燥肌には、セラミド入りの美容液がお勧めです。セラミドは肌内部に存在する脂質です。基本的に加齢や間違ったスキンケアでセラミドが不足して乾燥肌になります。セラミド不足をカバーするために、セラミド美容液で補うことが大切です。化粧水や美容液をつけただけではすぐに水分がなくなります。水分を守るためにあるのが乳液です。乳液はたっぷり目につけたほうが保湿効果が持続します。